過去の出来事

2012年の桜〜エクセレント!〜

DSC_1995-1.jpg DSC_1951.JPG DSC_1998-1.jpg DSC_1978.JPG DSC_1988.JPG

桜日記2。
満開の桜ファンのKANKOは今年最大の満開で美しい桜に出逢う事に成功しました

最高のシチュエーションで、最高のコンディションでした

場所は京都。嵐山でランチを食べて、天龍寺、龍安寺、仁和寺を巡りました

おむろ桜にしだれ桜に八重桜にソメイヨシノに…全て求めていていた完全見頃
桜も素晴らしく美しかったですが、巡ったお寺で鳥肌が立ちました。天井に描かれた龍がどの角度から見ても目が合うという「雲龍図」。
初見時はそこまで凄さが伝わってきませんでしたが、住職さんの話を深く聞くにつれ驚きました。
祖父の天界での名の中に雲龍という名が入っています。天龍寺の雲龍は天候をつかさどる龍で天気を自在に操る事ができ、京都に天災が起こらないのはこの龍が守っていてくれるからだそうです。
この日は雨の予報でしたが完璧なまでの晴天。KANKOが旅に出る時に必ず晴れるのは祖父が雲龍になっていつも晴天にしてくれるのか…?と思ってしまいました。
祖父が亡くなったのが9月19日、この雲龍が公開されたのが9月20日。この龍を見たのは偶然にも19日。こじつけかもしれませんがどうにも関連ずけてしまいます。不思議な縁を感じて見ている内に魅了され、そしてあらゆる角度から見てみました。いわれの通りずっと目は合いました。それはもちろんスゴい事ですが、目だけではなく顔ごと動いて目が合うんです。現代の3D技術が施されているはずは無いのに…平面図なのに…何故。ちょっと軽い気持ちで見ようかという思いを悔やみました…本当に素晴らしかったです。仁和寺のおむろ桜もその日が一番の見頃で、その日見る桜は全てが見頃でパーフェクト日本に生まれた事に感謝し、大満足で京都を出ました

また不思議な偶然なのか、京都を出てから雨が降りはじめました

色んな縁が日々繋がっていますが、祖父との縁に感動を覚えた一日となりました
そしてさらに桜が好きになりました

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KANAKO-A

からだの中から髪質改善を得意とする美容研究家。美容室、フォトスタジオ、発毛サロン、ブライダルヘアメイクなどの美容業界の中でセルフケアの大切さに気付き、クオリティオブライフ(生活の質)の向上をサポートする美容コラムを執筆中。

-過去の出来事

© 2020 バランス美容研究家 アートフォトクリエイター自然派管理美容師AZUMAブログ