ヘアケア

「このまま老化、進めていいですか?」頭皮からのメッセージ

2020年10月23日

女性の場合は35歳頃から
頭皮の衰えが加速すると言われています。

加齢・老化により頭皮が乾燥すると

毛母細胞の働きも低下し
髪の毛の栄養を吸収出来ず、

生え変わりのサイクルが
短くなってしまったり

頭皮のたるみによって
老廃物がたまりやすくなる
現象を引き起こします。

そうなると重力に引っ張られやすくなり
毛根に栄養を与える血の巡りが悪化し

元々丸かった毛穴が楕円形になり、
まっすぐで太い髪ではなく
根元が立ち上がらない

ペタっとした
細い髪しか発毛しなくなります。

そのまま栄養不足の状態が続くと
髪の毛の内部が空洞化し

“うねり”
強く出るようになります。



 

人によっては
顔のたるみと同様に

頭皮も老化により
たるみやすくなってくるので

・若い時には感じなかった髪の毛のクセ
・髪にツヤが出にくくなった
・まとまりにくくなった

などの悩みは頭皮のタルミによる
毛穴の歪みによって
引き起こされていると考えられます。

 

頭皮が老化すると

張りを保っていたものがたるむ

毛穴が歪む

毛穴から生えてくる髪が楕円など歪んだ形になる

まとまらないクセの原因に。

 

 

髪の発毛には
目には見えていない頭皮の下に

「毛根」
「毛細血管」など

髪の育成に大切な部分があります。

 

毛根にある毛球が毛乳頭を通して
毛細血管の栄養分をキャッチし

毛母細胞が分裂を繰り返して細胞を作り
新しく髪になる細胞を上へと
押し上げる中で徐々に水分を失い

角化したものが
髪の毛へと変化していきます。

髪の毛は4年~6年をかけて
太くツヤのある毛髪に
成長した後に抜け落ちて

約3ヶ月間の休止期を経て
そしてまた発毛する
というヘアサイクルを繰り返しています。

髪の毛は約10万本あると言われ、
毛穴の数は赤ちゃんから
お年寄りまで同じですが

言うまでもなく
赤ちゃんは新しい細胞が
どんどん作られます。

一方年齢を重ねると新陳代謝も
血液循環の効率も落ちていきます。

 

*∵∴*∵∴*∵∴*∵∴*∵∴*

 

同じ年齢を重ねた人でも
ツヤのある人と 乾燥している人と
大きな差が出るのは

 

東洋医学の概念では

人間の生命活動に必要な3つの要素の
「気・血・水」が大きく関係していると考えられています。

 

 

「気」は体の生命エネルギー。
「血」は血液
「水」は体液のこと。

この3つが体内を循環することによって

「健康」が保たれています。

「気」は心身全体のエネルギー。
体の各機能を動かし
血液や水分のスムーズな循環、
新陳代謝を促進する働きを持っています。

「血」は血液の事。
全身に栄養を運び、老廃物を回収します。
この働きで健康を維持しています。

「水」はリンパ液・消化液・尿・涙・汗
など血液以外の体内の水分(津液)の事。

水分が体内を循環して
体温調節や関節の動きをなめらかにし、
体全体の潤いを維持しています。

この3つの循環に不足や滞りが出て
バランスが崩れると身体の不調が
起こりやすくなります。

髪の毛は毛細血管から栄養素を
取り込んでいるので、

血液循環は『髪の毛の生命線』
と言っても過言ではありません。

 




*∵∴*∵∴*∵∴*∵∴*∵∴*

 

血行が悪くなると頭皮がたるみ
老廃物がたまりやすくなり、

髪の毛の栄養が吸収出来ず

本来のヘアサイクルが乱れ
成長するはずだった髪の毛が
成長しないままにヘアサイクルが休止し

毛穴から髪の毛が生えない割合が増えていき
どんどんボリュームダウンしていきます。

 

顔と頭皮は同じ皮膚で繋がっているので
頭皮の血行が悪くなると

必然的にフェイスラインも下がり
くすみや老け顔を作り出す元になります。

血行が滞っている頭皮や
乾燥している頭皮は
赤みがかっていて

血行が良くなると
青白く美しい頭皮になります。

頭皮ケアは
肌のアンチエイジングにも
繋がるのでスカルプケアは必須ですね(^^)

内側から整える美容ケア「gg MEGURU〈ジージーメグル〉」

*∵∴*∵∴*∵∴*∵∴*∵∴*

 

頭皮が血行不良になる要因は

□加齢による女性ホルモンの減少

□パーマやカラーを短期間に
繰り返す事による頭皮の炎症

□頭皮に及ぶ程の日焼け

□夜型の不規則な生活・睡眠不足

□ストレスを常に感じている

□極端なダイエットによる栄養不足・貧血

□喫煙や排気ガスなどで汚染された
環境で過ごしている

□飲食物に含まれる添加物や
有害ミネラルの摂取

 

 

その他にも
季節に関係なく常に体の冷えを感じている人や
体温が35℃台の人は要注意。

 

体温が低く血流が悪くなると
脳や内臓の働きが衰えて

・頭痛や肩こり
・耳鳴り
・便秘もしくは下痢
・手足のしびれ
・うつや慢性疲労
・心臓病
・糖尿病やアトピー性皮膚炎

を招く事が考えられています。

 

 

毛髪の健康以前に

「体の冷えは万病の元」です。

 

健康な状態にある人の体温は平均36.5℃。

 

体温が36.5℃~37℃であれば
免疫力も高く健康体で
髪の毛にも栄養素が行き渡りやすく

ツヤのある
太い髪の毛が育ちやすくなります。

頭頂部は心臓から遠く血液が通いにくい為

トップの髪の毛にボリュームが少ない人は

生活習慣を見直して頭皮マッサージを行えば

血を巡らせヘアサイクルが復活する可能性が高まりますよ!

 



 

顔と頭皮の皮膚は
繋がっているので

艶やかでしっかりとした
髪の毛を目指したい人は

"血行"を意識してみてくださいね。

 

頭皮のタルミを改善し
引き上げる事が出来れば
顔も引き上げる事が出来ます↑

髪の毛の栄養も女性ホルモンも
血管によって運ばれていくので

血行は髪の毛の生命線。

 

まずは体温を36.5℃まで
上げることを目指しましょう!



スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KANAKO-A

からだの中から髪質改善を得意とする美容研究家。美容室、フォトスタジオ、発毛サロン、ブライダルヘアメイクなどの美容業界の中でセルフケアの大切さに気付き、クオリティオブライフ(生活の質)の向上をサポートする美容コラムを執筆中。

-ヘアケア
-, , ,

© 2020 バランス美容研究家 アートフォトクリエイター自然派管理美容師AZUMAブログ