光と影

「お陰さま」という言葉は

人の存在ありきで成り立つ。

日々何気なく過ごしながら生きているけれど

全ての事象に誰かの「お陰さま」があって。

“影”のイメージは マイナス要素でとらわれがちだが

光が当たっているから影が出来る訳で。

「お陰さまで いつもありがとう」

今日は

木漏れ日から見える光を見ながらそんな事を想った

2015.11.11


日記

Posted by kanko